2024年01月21日 18:24


     大晦日に放送された「第74回紅白歌合戦」。番組テーマには「ボーダレス」が掲げられ、K-POP関連のグループは歴代最多の7組が出場し、イギリスロックバンドクイーンが海外から出演。伊藤蘭やポケットビスケッツ&ブラックビスケッツなど、思わず「懐かしい!」と言いたくなるような楽曲が披露され、世代や国境を越えた演出が注目を集めました。

     今回、文春オンラインでは「《緊急アンケート紅白歌合戦、あなたが一番よかったと思う歌手は誰ですか?」を実施。12月31日1月5日の6日間で、20~70代を中心に、571人の投票が集まりました。(※なお1人につき、3組の出場者を選び〔1位5点、2位3点、3位1点〕、合計得点で計算しています)

     それでは、アンケート回答者のみなさんから寄せられたコメントとともに、結果を発表します!(ベスト10は、後編「伊藤蘭でもMISIAでもない…圧倒的インパクトで『あなたが選ぶ、紅白歌合戦で一番よかった歌手』1位を獲得したのは?」で公開中)

    ◆ ◆ ◆

    40位 BE:FIRSTBoom Boom Back

    ダンスも歌も上手で、これからのJ-POPを牽引してくれる存在だと思うので」(28歳・女性)

    ダンスがかっこよかった」(25歳・女性)

    「歌とダンスの上手さ、ライブを観ているようでした。もっと長い尺で見たかった」(58歳・女性)

    39位 YOSHIKIENDLESS RAIN」「Rusty Nail

    X JAPANの亡くなられた同志(※昨年10月X JAPANベーシストHEATHさんが大腸がんのため死去)への思いを込めて歌われた『ENDLESS RAIN』は圧巻。テレビの前で号泣してしまいました。心に残る歌声でした。感動をありがとう」(43歳・男性)

    YOSHIKIさんと豪華なバンドメンバーの方々。HYDEさん、松岡充さん、KAMIJOさんら一堂に会しての演奏、画面に力がありすぎました」(51歳・男性)

    YOSHIKIさんの歌声が素敵、豪華出演者!」(39歳・男性)

    「本来ならボーカルToshIが歌う『ENDLESS RAIN』を、YOSHIKIがかすれた声で歌ったことに、なぜか感動しました。歌唱前に『自分はなんでまだ生きているんだろうと、生きてていいのか』とYOSHIKIが言ったことが、心に刺さったのも理由にあったかもしれません」(56歳・女性)

    38位 MISAMO「Do not touch

    「韓国で長年練習生として苦労してきた3名が、TWICEメンバーとしてデビューし世界的に大人気アイドルになり、やがて母国である日本でデビューし、紅白に出ているということに胸が熱くなった。ビジュアルも完璧、ダンスも歌も完璧で言うことなし」(31歳・女性)

    「美しくて、レベルが違くて、ミナ、サナ、モモ全員のダンスが完璧に揃っていて見てて気持ちよかった。歌もとても上手くてクセになった。そして何よりかわいい」(16歳・男性)

    「さすが世界のガールグループだ! と思った。とにかくかっこよく美しく綺麗だった! ダンス、音楽、全てがレベチだった。MISAMOは世界に誇れる日本人!」(14歳・女性)

    「紅白らしい煌びやかな衣装が素敵。『美しいと思っても、相手の同意なしで触れてはいけない』というメッセージ性の高い歌詞を歌いこなす姿もよかった」(28歳・女性)

    「色気あふれる歌・ダンスは唯一無二で、無敵の最強・最高だったと思います」(62歳・女性)

    37位 PerfumeFAKE IT」

    「いつみてもお人形のようにかわいい3人組。『一糸乱れぬダンス』とはこのことだなと思いました。日本を代表するアーティスト!」(29歳・女性)

    テクノポップに分類されるのだろうが、彼女たちならではの爽やかさがあって、YMOなどとは違う『新しいテクノポップ』を確立している。昔からのファンで、我が家で最もCDの多いアーティスト」(64歳・男性)

    「振り付けを真似したいと思ったから」(41歳・女性)

    「元気が出る。かわいい」(47歳・女性)

    36位 乃木坂46「おひとりさま天国」

    カメラに映った全員が笑顔で、キラキラしていたから。楽曲も、年忘れにふさわしく明るい曲で楽しい気分になったから」(19歳・男性)

    「衣装が綺麗で華があった。日本の文化の象徴だと思いますし、センターを務めたメンバー(井上和)は加入からわずか1年ちょいで大舞台に立っていたのに、周りの先輩たちにも負けない存在感で期待以上でした」(23歳・男性)

    ダンスに一体感があって、すごく綺麗でした」(25歳・女性)

    35位 櫻坂46Start over!」

    「昨年は出場出来なかったこともあり、周りの観客の熱以上に熱いパフォーマンスをしてくれたから」(16歳・女性)

    「圧巻のパフォーマンス素晴らしい曲と振り付け」(47歳・男性)

    日本人アイドルグループダンスパフォーマンスも凄かった。K-POPグループが多い中で、海外公演をするなど活躍していたようで互角に戦ってるのがすごいセンター女の子(藤吉夏鈴)の迫力が凄かった」(55歳・男性)

    34位 ano「ちゅ、多様性。

    「今年のトレンドの1人だったから」(55歳・男性)

    「声もかわいく、スタイルもよく、独特の癖になるメロディーを歌いこなせるのはあのちゃんだけ! レコード大賞での金髪姿もかっこよかったし、SASUKEでみせた身体能力の高さにも驚かされました。今後の活躍が楽しみな一人」(23歳・女性)

    「ちょっと風変わりで面白かった」(66歳・男性)

    「声も顔もダンスもかわいかった」(49歳・女性)

    33位 坂本冬美「夜桜お七」

    「歌唱力が見事。(JO1とBE:FIRSTメンバーも登場し)イケメンダンサーズとの異色コラボが良かった」(52歳・女性)

    「病気を乗り越えて、今も元気で美しい歌声が素晴らしいです」(70歳・女性)

    「歌が上手い。その内大御所になると思う」(56歳・男性)

    32位 JUJU「時の流れに身をまかせ」

    テレサ・テンの名曲『時の流れに身をまかせ』を令和に歌い残してくれてよかった。やっぱり昔の歌は心に染み入る」(43歳・女性)

    「歌も大人の落ち着いた女性の感じも良かった」(76歳・女性)

    「歌が上手い。テレサ・テンの歌が自分の歌になっていた」(69歳・女性)

    31位 SEVENTEEN「舞い落ちる花びら(Fallin’ Flower)」

    リーダー含む2人が欠員の中、それを感じさせないくらいのパフォーマンスも最高でした。又、『アイドル』の歌唱でのバックダンサーでも、楽しんで参加してる様子もとても良かったです」(62歳・女性)

    「紅白の舞台にぴったりの選曲! ちゃんと歌詞も聞き取れ、とても良かった!」(70歳・女性)

    コロナ禍で気持ちが落ち込むところを、心に響く歌声、ダンスお笑い、オフでみせる家族のように仲の良い姿で私を支えてくれたのがSEVENTEENでした。いざ日本デビューというところでコロナで来日できず……。時を取り戻すかのように紅白で『舞い落ちる花びら』を披露。とても素敵でした。特に曲冒頭のジュンピ(※メンバージュンの愛称)の美しさに心ふるえました」(52歳・女性)

    30位 Official髭男dismChessboard

    「歌で勝負できる歌手だから。歌声が素晴らしい」(52歳・男性)

    中学生の皆さんとのハーモニーが素晴らしかった。ボーカルの藤原聡くんののびやかな声に涙が出ました。(声帯ポリープ治療のための活動休止から)素晴らしい復活でした」(45歳・女性)

    中学生との合唱コラボということで、とても色んな人の力を感じました。綺麗な音色と藤原さんの圧倒的な歌唱力、その全てが組み合わさって最高のステージになったと思います。コラボできた中学生を羨むと共に、彼らのこれからの人生を応援したいと思う気持ちがでました」(21歳・男性)

    29位 水森かおり「日向岬~紅白ドミノチャレンジSP~」

    「今では誰もやらなくなってしまったが、紅白名物でもある早着替えをやるのが良い」(58歳・男性)

    「地元・宮崎県の日向岬のことを歌ってくれたし、同郷である堺雅人も加わって本当に嬉しかった」(54歳・男性)

    「昔は衣装が派手なところ含め小林幸子の方が良いと思っていたのだが、経験を重ねるにつれ、歌唱力はもちろんのこと、貫禄も出てきて、紅白の定番で、安心できると感じるようになってきたから。演出のドミノも良かった」(44歳・女性)

    28位 Stray Kids「CASE 143 -Japanese ver.-」

    「顔がいいのはもちろん、曲もいい。特にリノが好きですが、全員でのパフォーマンスがとにかく最強」(27歳・女性)

    「見惚れてしまう。ビジュアルもいいし、爆発力を感じる曲が好き」(50歳・女性)

    「いつもカッコいいですが、紅白のパフォーマンスは最高でした。一年の最後に日本に来てくれるとは、ホントに嬉しい年越しになりました。2024年が、魅力的な8人の更なる飛躍の年となるよう、遠くから応援したいと思いました」(47歳・女性)

    「『CASE 143 -Japanese ver.-』が、彼ららしい、ちょっと癖のある楽曲だったことと、NHKホールではなく別会場からのトップバッターで、他のアーティストの盛り上がりに貢献したと思ったので」(49歳・男性)

    27位 椎名林檎「サ~さすがに諸行無常篇~」

    「背後のスクリーンに映る、椎名さんの楽器隊がとても格好良かった。デザインや構図、技術含め素晴らしいと思った。椎名林檎さんの色褪せない声が世界観を演出していた。むしろ歳を重ねるごとに惹きつけられる魅力が増している気がした。魅力的且つ華麗な演出だった」(17歳・女性)

    「格好いいの一言に尽きる。懐かしい楽曲が、ファンとしてはとても嬉しかったです。林檎さんらしいパフォーマンス、最高でした」(54歳・女性)

    「昔の曲を今の歌唱技術で歌ってくれたから」(31歳・女性)

    26位 純烈「だってめぐり逢えたんだ~NHKプラスver.~」

    「やっぱり応援したくなる。楽しくて好き」(57歳・女性)

    氷川きよしさんが出演しない紅白は、やはりあまり面白くなかったですが、(きーちゃん何歌うのかしら? お衣装は? というワクワク感がなかったから)その穴を埋めたのは、けん玉でもドミノでもなく、純烈でした。良かったです、筋肉」(63歳・女性)

    「中年の星よかがやけ!」(80歳・男性)

    「あの衣装はスゴイ。もう何年も紅白をちゃんと見ていなかったが、ニュースで純烈のQRコードの衣装が話題となり、アクセス集中でNHKプラスサーバーが落ちたと知って、その手があったかと。NHKプラスで見れば自分の好きなところだけをすぐにつまんで見られるので実に快適だった。これが紅白の新しい形だと思う」(50歳・女性)

    25位 Superflyタマシイレボリューション

    2010年ワールドカップテーマソングは本当に素晴らしい。また紅白で聴けて嬉しかったです」(53歳・男性)

    「結婚・出産してもパワフルな歌声はさすがです。『タマシイレボリューション』は好きな曲なだけに聴き入ってしまいました」(47歳・男性)

    「歌がうますぎる。ちょっと他の人とは違う枠かのように感じました」(26歳・男性)

    「聴いてると気持ちいい。大トリにしてほしい」(52歳・男性)

    24位 大泉洋「あの空に立つ塔のように」

    「歌がうまかった。個人的には『バカね』が一番好きなので、次回は『バカね』を高らかに歌い上げてもらいたい」(63歳・男性)

    「曲といい歌い方といい、昔懐かしい昭和の歌手みたいだった。なかなか今いないんです、このように滔々と気持ち良さげに歌い切るタイプの人。紅白のちょっとあか抜けない感じにもマッチしてる」(58歳・女性)

    「司会者から、今回は出演者に。楽しませていただきました」(67歳・女性)

    23位 天童よしみ「道頓堀人情」

    「いまは亡き母が好きだった」(65歳・男性)

    「大阪から、強風をものともせず、歌い上げたよしみさん。阪神日本一おめでとうございました」(60歳・女性)

    新世界からの中継というのも良かった。昨年は阪神タイガースの優勝で、大阪の街は活気に溢れていて、『道頓堀人情』は、最高に心に沁みました。トラッキーの共演も良かった」(52歳・女性)

    22位 すとぷり「スキスキ星人」

    インターネット出身の人達でも紅白という大きな舞台に出場できたことで、他のインターネット活動者に大きな勇気と希望を与えた」(20歳・女性)

    バーチャルを上手く使った演出がすごかった。踊りもかわいい」(15歳・女性)

    「司会者や会場まで巻き込んで新感覚のパフォーマンスだったから!」(25歳・男性)

    「娘がすとぷりファンで凄く喜んでいたから」(39歳・女性)

    21位 milet x MAN WITH A MISSION「コイコガレ」、MAN WITH A MISSION × milet「絆ノ奇跡」

    アニメ鬼滅の刃』の映像とともに迫力がありました。子どもがとっても喜んでいました」(32歳・女性)

    「実力派女性ボーカリストと実力派ジャパンロックグループの珍しいコラボマッチした、ついハミングしてしまう曲が良かった」(59歳・男性)

    「男性の太い声と女性の透き通った声がとてもマッチしていた。二つの個性が入り交じるという意味で、今年のコンセプトだった『ボーダレス』を意識したコラボレーションだということが一番よく伝わって来た」(69歳・男性)

    「楽曲の良さはもちろん、美女と野獣達のコラボが最高。もふもふは正義」(57歳・男性)

    20位 石川さゆり津軽海峡・冬景色

    「さすが、石川御大! 毎年さゆり節を聴きながら年を越している」(76歳・男性)

    「知らないグループが多い中で、演歌の大御所の歌はホッとする」(56歳・女性)

    「彼女を見るための紅白」(49歳・男性)

    19位 Mrs. GREEN APPLEダンスホール

    「頑張ろうと思える曲で、よかった」(63歳・男性)

    「後半のトップバッターで、一気に番組を盛り上げてくれたから」(17歳・男性)

    「さすがの歌唱力! ボーカルの大森元貴さんのハイトーンボイスが好きです」(61歳・女性)

    「声の音域が素晴らしい賛美歌のように心に響く歌声が良かった」(43歳・女性)

    「大好きなアーティストです。紅白初出場おめでとうございます日本レコード大賞も受賞され、ますます活躍されることと思います。本当に歌詞が心に刺さるので大好きです」(43歳・男性)

    18位 さだまさし「秋桜(コスモス)」

    「文句なしの歌のうまさ。歌で泣かせる数少ないホンモノ」(59歳・男性)

    「昨年亡くなられた谷村新司さんへの思い、残されたものの思い、その両方が歌から伝わってきました。若き頃の歌声に感動し好きになりましたが、今は言葉の重みを感じさせてくれる秋桜に人生を感じさせてもらいました」(71歳・男性)

    「特別な演出などなくても、素晴らしい歌詞とメロディー、歌声があれば良いということを再認識できたから」(44歳・女性)

    17位 鈴木雅之「め組のひと」

    「番組冒頭の披露で、皆が一緒に気張らず盛り上がれる感じで楽しかった。若い人はあまり知らないであろう鈴木雅之でも曲が曲なので世代を超え、テーマの通りボーダレスに盛り上がれたと感じる」(41歳・女性)

    「聴けばおもわず『めッ!』と一緒にやりたくなる、世代を超えて愛される名曲」(28歳・女性)

    「今も昔も変わらぬシブさ」(62歳・男性)

    「懐かしかった。できればRATSSTAR再結成で聞きたかった!」(60歳・男性)

    16位 福山雅治「『HELLO~想望』 紅白スペシャルメドレー

    「華があって、紅白になくてはならない存在」(67歳・男性)

    「映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』の主題歌として話題となっていましたが、歌詞とメロディーがとても素敵で耳に残る一曲でした」(25歳・女性)

    「前半の明るい歌、後半はしっとり聴かせる歌、アップに耐えうるさすがの美顔で、素敵でした」(67歳・女性)

    「安定した歌声と格好良さはいつ見てもしびれます」(70歳・女性)

    15位 山内惠介「恋する街角」

    「歌唱もパフォーマンス素晴らしいです! 元気をもらっています! 紅白に無くてはならない演歌歌手だと思います」(66歳・女性)

    お笑い芸人の方が盛り上げていて見ごたえがありました」(55歳・女性)

    「演歌界の貴公子! 今の演歌界を牽引してる代表の一人。努力と挑戦の方で、尊敬して止みません」(67歳・女性)

    「浅草からの中継、ワイワイされてる中で自分の持ち味をしっかり発揮されていた山内惠介さんはさすがの歌唱でした。お笑い芸人の方達も良い盛り上げをしてくれて良かったと思うから」(51歳・女性)

    14位 エレファントカシマシ「俺たちの明日」

    いつものエレファントカシマシだった。紅白だからどうこうではなく歌を届けたい。その気持ちが伝わってきた。縦横無尽に会場を使って移動したりしたのも、少しでもみんなに歌を届けたい気持ちの表れだと思う。歌の力って凄いんだぜ、と言わんばかりの抜群の歌唱はひきつけられたし、日本の音楽にまだ力があることを教えてくれた」(40歳・男性)

    宮本浩次さんのパフォーマンス、力強い歌声がとても良かったです。会場との一体感も素晴らしいと思いました」(57歳・女性)

    「さすがのパフォーマンスだった。ライブ感あったし、NHKとは思えない自由さ。カメラマンに肩を組みにいったり、会場を走り回ったり。他のアーティストとは違った」(59歳・男性)

    13位 10-FEET「第ゼロ感」

    「生演奏の良さを再確認できた名ステージ。やはり当てフリと生演奏では音の迫力が全然違う。特に彼らは20年以上活動していることもあって、演奏に説得力があると感じた。(おなじく映画の楽曲を手掛け、昨年亡くなられたThe Birthdayボーカルの)『チバユウスケ!』と叫んだ姿に、多くのロックファンは感動したと思う。しかも紅白という国民的大舞台で、それを叫んだことには間違いなく意味があった」(20歳・男性)

    「映画『THE FIRST SLAM DUNK』やバスケワールドカップと共に盛り上がった、2023年を代表する一曲。『チバユウスケ!』と名前を叫ぶところ、作品や作者・監督へのリスペクトが詰まっていて、感動しました」(56歳・女性)

    「もともと10-FEETは好きでよくライブに行っていたけれど、ずっと見ていた人がこんなに大きな舞台で歌っていて勇気を貰えたから」(16歳・女性)

    12位 薬師丸ひろ子セーラー服と機関銃

    「『セーラー服と機関銃』すごく懐かしかった。歌声もその時のままで個性的な印象に残る声だった」(69歳・女性)

    「相変わらず透明感のある声で、あまりアレンジとかしないで当時に寄せて歌ってくださっていたような気がしました。癒される声です」(64歳・女性)

    「『当時のまま』というご本人の言葉通り、変に癖をつけたりせず素直で真っ直ぐな歌唱に好感が持てました」(57歳・女性)

    「歌の上手さとスターオーラ」(62歳・男性)

    11位 郷ひろみ2億4千万の瞳~ブレイキンSP~」

    「今回はたくさんのアイドルが出た紅白でしたが、会場の盛り上がりとご本人キラキラ感がとても印象的。『夢と元気を与える』のがアイドルなのではないか、と考えていますが、年齢を重ねても輝き続ける郷さんをみると自然と笑顔になります。生涯ステージに立ち続けてほしい方だなと思いました」(26歳・女性)

    「新しい分野のダンスに挑戦して、年齢を感じさせないパフォーマンス素晴らしいと思いました」(66歳・男性)

    「いつでも新しいことにチャレンジする姿勢に、プロを感じました」(73歳・男性)

    「とても68歳とは思えない若さと動き。声も変わらず若く、応援したいです」(68歳・男性)

    郷ひろみさんは、年齢は関係ないことを証明されましたね」(96歳・女性)

    伊藤蘭でもMISIAでもない…圧倒的インパクトで「紅白歌合戦で一番よかった歌手」1位を獲得したのは?〉へ続く

    (「文春オンライン」編集部)

    司会を務めた有吉弘行、橋本環奈、浜辺美波、高瀬耕造アナウンサー(NHK公式HPより)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 bunshun.jp)


    「YOSHIKIと乃木坂vs.櫻坂の共演は一体感溢れる素晴らしいステージでした。YOSHIKIの伝説的な存在感と乃木坂vs.櫻坂の歌唱力の高さが相まって、視聴者を魅了しました。個人的にはこのコラボが一番印象に残りました!」

    <このニュースへのネットの反応>









    オススメ記事


    この記事へのコメント

     コメント一覧 (3)

      • 1. Buddies
      • 2024年01月21日 22:05
      • 71点!
        全体的に身長がもうちょ高いメンポジバランスだといいね
        そこそこよかったが笑晦日と逃走中のほうがもっと
        見応えはあったっしょw
      • 0
        sakurazaka46

        sakurazaka46

        likedしました

        liked
      • 2. 名無しのBuddies
      • 2024年01月24日 02:42
      • あれ!?日向坂は?
      • 0
        sakurazaka46

        sakurazaka46

        likedしました

        liked
        • 3. 名無しのBuddies
        • 2024年01月24日 15:24
        • >>2
          さすがバディーズの煽りは効くぜww
        • 0
          sakurazaka46

          sakurazaka46

          likedしました

          liked
    コメントを残す
    コメント大歓迎です!
    不適切なものは削除や編集する場合があります。
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    ページトップへ戻る